空中浮遊アスベストの迅速判別 アスベクトフィルター ※特許出願済

info@asbect.com

 

空中に浮遊するアスベストを迅速に検出したい

災害現場などで救助活動を行う場合や、解体作業現場では、一刻も早くアスベストの有無を検出する必要があります。しかし従来の方法では、吸引作業を行い、フィルターを顕微鏡で検査するため、3日程度の時間を有していました。弊社の方法であれば、その場で迅速にアスベストの有無を検出することが可能です。

 

現場で即座に検査・判断できる方法がほしい

従来の専門機関において有資格者による顕微鏡やX線を用いる複雑な検査方法では、こんにちのアスベスト問題に求められるスピードに対応することは困難が伴います。しかし弊社の提案する方法では、独自の解析装置を利用して検出を行います。そのため専門家に依頼することなく、現場ですばやく検出することが可能になり、時間も行政コストも削減できます。

 

捕集したアスベストを証拠(生データ/証拠物件)として残したい

大気流路中にレーザーを照射して、そのスペクトルなどの解析によりアスベストを検知する方法もあります。この方法では試料としてのアスベストは残りませんが、リアルタイム検知はできます。
弊社の方法では、判別機のフィルター表面に捕集したアスベストがそのまま付着して残るために、証拠資料としてそのまま保存が可能になります。

アスベクトフィルター [製品概要]

浮遊アスベスト検出用に、従来のメンブレンフィルターに代わるフィルターとして、弊社が開発しました(特許出願済)特殊フィルターを利用することにより、ハンドヘルドアスベスト判別機を用いて、吸着したアスベストの有無の測定をすることが可能になります。
詳細はお問い合わせフォームよりご連絡ください。担当より折り返し連絡させていただきます。
※「アスベクト」とはアスベストとDetectを合わせた造語で、商標出願をしています。

実験データ
アスベクトフィルターを利用するには別途下記製品が必要です

①ハンドヘルドアスベスト判別機
②捕集装置

あすベクトフィルターのご購入はこちら
ページのトップへ戻る